ブロックチェーンのメリットデメリットは?仕組みを分かりやすく学ぶ方法も紹介

ブロックチェーン デメリット

ブロックチェーンの仕組みがよく理解できない

ブロックチェーンにもデメリットはあるの?

あなたは「ブロックチェーン 」について少しは聞いたことがあるけど、こんなもやもやを抱えているのではないでしょうか。

 

ビットコインが先に注目されたことで、ブロックチェーンについては分かりやすく説明してくれるメディアも少ないのが現状です。

そこでこの記事では、まだあまり一般的には知られていない「ブロックチェーン 」について、そのメリット・デメリットと今後のために学ぶ方法を紹介します。

 

最後まで読んで、他の人よりも早くブロックチェーンの可能性を知り、進路やキャリアアップにつなげましょう!

1. ブロックチェーンの将来性

ビットコインの今後の見通しや将来性は、悲観的なものも多いですが、ブロックチェーンは多くの肯定的な意見と実際にビジネスで活用が始まっています。

 

日本のブロックチェーン市場は、2018年度には8,070百万円でしたが、2022年に1,235億円に成長することが見込まれています。

さらに、株式会社ビズリーチの調査ではブロックチェーン関連の求人数が前年比の4.2倍で、ブロックチェーン人材が非常に求められていることがわかります。(出典:FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

 

その応用例の多さから、ブロックチェーンを活用している企業の業界は多岐に渡ります。

例えば、ナスダックやニューヨーク証券取引所ではブロックチェーン技術を活用した証券取引、ウォルマートなど流通ではブロックチェーンによって商品の安全性の証明につながる技術の特許を出願しています。

 

ブロックチェーン企業として日本では、仮想通貨を使ったクラウドファンディングのプラットフォームを運営する株式会社VALUなどのスタートアップが数多く生まれています。

大手企業でもデンソーが「自動車にブロックチェーンを搭載する」という将来展開を発表しています。

2. ブロックチェーンの仕組みってどうなってるの?

将来性も高く、期待できるブロックチェーンですが

分かりやすく仕組みを教えてほしい!

という人も多いはず。

 

ブロックチェーンの仕組みがよくわからない理由の1つに、「ブロックチェーンがデータベースやサーバーといったシステム内部の働きをする」ということがあります。

 

普段使っているWebサイトやスマホアプリなんかも、自分たちが使う画面の動きは目に見えても、その裏でどんな動作が行われているかは分かりにくいですよね。

 

ブロックチェーンの特徴としてよく以下の3つが挙げられますが、その仕組みや支える技術についてどこまで深く知っておく必要があるかは、あなたの仕事内容や目指すゴールによってちがいます。

 

  1. 分散して管理される
  2. データ改ざん不可能
  3. 停止・中断しない(ゼロ・ダウンタイム)

 

ブロックチェーンの仕組みを学ぶ時に活用して欲しいのが→4. ブロックチェーンはどこでどうやって学べるのか?

3. ブロックチェーンのメリットとデメリット

ブロックチェーンのメリット

ブロックチェーンの特徴として挙げた3つは、メリットです。

これらの特徴を様々な分野に応用することで、その分野ならではのメリットをさらに生み出します。

 

例えば、中央に管理者がいないため、海外送金も低コストになるといったことです。

ブロックチェーンのデメリット

  1. 一度記録された情報を変更・削除できない
  2. データが増え続ける(スケーラビリティの問題)
  3. 法整備や国の規則との兼ね合い

ブロックチェーンは分散して管理するユーザや入力されるデータ、そして取引のデータも全て記録するが、変更や削除ができないため、個人情報は不可など、扱えるデータの内容に制限がかかってしまいます。

 

情報が増え続けるデータベースになるため、容量をどう確保するのかという問題や高速処理が難しいです。

 

3つ目のデメリットとして、他の新しい技術でも課題になっていますが、ブロックチェーンは特に金融をはじめとして安全性が求められる業界でも応用が期待されているので、この部分での交渉に時間がかかってしまいます。

4. ブロックチェーンはどこでどうやって学べるのか?

ブロックチェーンの可能性はわかったけど

どこでどうやって学べば仕事に生かせる?

日々発展していく技術ですが、基礎を知っておくことが大切です。

データサイエンスなんかも、最近になって大学が学部を作りはじめましたが、ブロックチェーンはまだ学部はないですね。

そのため大学でブロックチェーンだけ学ぶことはむずかしく、現在は業務に携わるか、スクールなどに通うことが最短ルートになります。

 

仕事でブロックチェーンにかかわりたい!

ブロックチェーンに関連するインターンがしたい!

と言った場合も、未経験ではむずかしくまだ案件などもそれほど日本では多くない印象を受けるので、スクールで体系的な知識をつけて仕事のチャンスを探すのが、安全かつ時間の節約になります。

 

実際に、「FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校」と「BLOCKCHAIN Code Camp(ブロックチェーンコードキャンプ) 」という、有名な2校のブロックチェーンスクールで体験してみました。

ブロックチェーンとは 分かりやすく ブロックチェーンを学べる FLOC(フロック)はどう? 評判と入門講座体験記 ブロックチェーン アプリ ブロックチェーンアプリに興味あるなら知っておきたい!BLOCKCHAIN Code Campの評判

 

「BLOCKCHAIN Code Camp」はブロックチェーンエンジニアになりたい人向けで、「FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校」はビジネスとエンジニアリングの両方に対応した講座がありました。

 

どちらもオンラインでかんたんに無料体験ができて、「頭の中のブロックチェーンに関する知識を整理するため」だけでも役に立つのでおすすめです。

5. まとめ | ブロックチェーンはビジネス職にもエンジニア職にも欠かせないリテラシー

世界中の企業が注目してすでにビジネスに取り入れはじめているブロックチェーン 

40代50代でのリストラや早期退職も増える中、営業、マーケティング、エンジニアなどの職種を問わず、自分でスキルを身に着けることが必要とされています。

 

ブロックチェーンは、多くの分野に応用ができる技術で、ビジネスもエンジニアリングの仕事に関わる人も両方に必要とされる知識になるでしょう。

 

世界で求人数が増えており、日本でも最高で2,000万円以上の年収が提示された事例もあるので今後のキャリアアップと自分で自分の身を守って働いていくために、今ブロックチェーンを学んでおくことに損はないでしょう。

 

おすすめ記事

ブロックチェーンとは 分かりやすく ブロックチェーンを学べる FLOC(フロック)はどう? 評判と入門講座体験記 ブロックチェーン アプリ ブロックチェーンアプリに興味あるなら知っておきたい!BLOCKCHAIN Code Campの評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください