【就活前線】キャリアを築く前でも『キャリアを手放す勇気』を読んで見えた就活

かっこいいキャリアウーマンになりたい、20卒です。

先日の記事「現役就活生おすすめ!これさえあれば周りと差別化できる就活グッズ」で「就活に使っているサイトの紹介もします宣言」をしたので、今回はその内容についても触れようと思います!

今すぐ何かしら具体的な行動を起こしたい方は

↓前回の記事を先に読むことをおすすめします↓

【20卒就活前線】現役就活生おすすめ!周りと差別化できる就活グッズで内定ゲット

 

外資就活と気になったコラム

わたしが就活のために登録しているサイトの1つに「外資就活」があります。

「外資就活」は外資系企業以外の情報も扱っているので、

「外資系は興味ない〜」という人にも役に立つ就活サイトです。

サイトの魅力は、他のサイトにありがちな当たり障りのない情報を

まとめるのではなく、就活に関する面白くて赤裸々なコラムが頻繁に更新されることだと思います。

今回は、最近投稿された記事の中で、面白くかつ就活について考えさせられた記事と関連する本を読んで思ったことを綴ります。

それは、今週検索で上位にランクインしているイモトアヤコさんと同じ芸能事務所「ワタナベエンタテインメント」に所属する女芸人として活躍されている、石井てる美さんのインタビュー記事です。

gaishishukatsu.com

写真では、普通の会社員でいらっしゃるように見えますが、

なぜ女芸人の石井てる美さんが取り上げられているのでしょうか!?

その訳は驚きの経歴にありました。

詳しくは上記記事を読んでいただけるといいのですが、

簡単にまとめると、

白百合学園中高(私立女子校→東京大学→東京大学大学院→マッキンゼー(大手コンサルティング会社)

という並々ならぬ経歴の持ち主が「お笑い芸人」という道を最終的に選び、現在に至るというキャリアについての記事です。

インパクトがありますね。

「外資就活」の記事では、石井さんのファーストキャリアであるマッキンゼー(大手コンサルティング会社)を目指す読者の方も想定し、就職対策的な側面が多く取り上げられていました。

しかし記事では、なぜマッキンゼー(大手コンサルティング会社)を辞めることにしたのか辞めるに至った経緯については詳しく述べられていませんでした。

キャリアを手放す勇気

わたしは、高校までは耳にしたこともなかった「コンサルタント(略してコンサル)」という職業に大学入学とともに興味を持ちました。

「AIに負けない」可能性の高い職業であるとすれば、ぜひとも知っておきたいということで、無謀にも大学1年生の時に、某外資系コンサルティング企業にOG訪問しました。怖いもの知らずで、とても楽しかったです(冷や汗)

今は絶対できない(笑)

実際に、コンサルタントのうち「経営コンサルタント」は、野村総合研究所の調査による

AI時代でも「消滅せずに稼げる」職種10

にランクインしています。

http://president.jp/articles/-/24068?page=2

コンサルタントは人間的な側面と専門性を併せ持った今もこれからも魅力的な仕事であることは間違いないでしょう。

某外資系コンサルティング企業にOG訪問をしたときに教えていただいたコンサルタントは「企業のお医者さん」であるというお話にも納得ができました。

OG訪問させていただいた社員の方はよく仕事のできる方でした。

OBOG訪問やインターンシップでは企業の暗い面は見えづらいのは仕方ありませんが、去っていく人の体験談も知りたいと思い、この記事を読んで間も無く、石井てる美さんの著書『キャリアを手放す勇気』を読んでみることにしました。

リアルな仕事におけるプロジェクトの状況と石井さんご自身の心情描写から、石井さんもOG訪問させていただいたコンサルタントの方と同様に、相当優秀でいらっしゃることが本の文面からひしひしと伝わってきました。

だからこそ、「頑張った先にもある闇」「勉強と仕事のちがい」というリアルを知ることができたお話でした。

石井てる美さんのもう一冊の著書『私がマッキンゼーを辞めた理由』も読んでみようと思います。

サマーインターンも始まり、20卒の就活は白熱を帯びてきていることと思います。

新卒で憧れの仕事や企業に内定をもらえることは、希望に満ち溢れており、選ばれた人しか達成できないことです。

そのときに、キャリアの手放し方や変更の仕方にも目を向けるだなんて縁起がないと言われてしまうかもしれません。

しかし、仕事においては理不尽なことも起きてしまうのです。

仕事で結果が残せないこともあるかもしれませんし、過労死問題も改善されてきているとはいえ、まだまだ不安が残ります。

そんな時に、キャリアを手放すまでは行かずとも、柔軟に「キャリアを見直す勇気」を持つことはとても重要なのではないでしょうか。

わたしは、石井てる美さんの本を読んで、「内定」だけではなく、そのあとの「キャリア」についてキャリアを築く前からキャリアの手放し方や変更の仕方良い側面も悪い側面も含めて様々な事例を知っておくべきだと強く感じました。

コンサルタント業界に限らず、内定体験談だけでなく、その先の転職や退職体験談を知って、一歩進んだ就活につなげてはいかがでしょうか。

〜オススメ記事〜

www.humanbeyondai.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください