【疲れ目に効く】つらい眼精疲労を翌朝まで持ち越さない!おすすめ回復グッズBEST3

AIに負けないようにがんばると言っても我々人間は「疲れる」ので、メンテナンスあっての毎日です。

 

現代ではパソコン作業が多くを占め、自由な時間もスマホを使うと目の休まる時間は寝ている時以外は、ほとんどないのかもしれません。

 

そこで今回は、多くの人が悩む「目の疲れ」に負けないために、わたしがいつも使っている「眼精疲労対策グッズ」を紹介します!

↓ いつも愛用しているグッズです ↓

 

1位 VENEX(ベネクス) アイマスク

イッテQでおなじみのイモトアヤコさんも愛用しているリカバリーウェアのブランドVENEX(ベネクス)のアイマスクです。
 
 
ベネクスが開発した疲労回復に効く素材PHT(Platinum Harmonized Technology)のおかげで温めていないのに、じんわり温かくなるアイマスクです。
 
 
洗濯しても効果がなくならないのも、お気に入りポイントです!素材はポリエステル84%なので、夏でも暑さは全く感じません。
 

なお

わたしは締め付け感もないので、わたしは寝るときに着けて使っています
 
 

2位 あずきの力目もと用

600Wの電子レンジ30秒で、温めて繰り返し使える蒸気温熱ピローです。
 
一度温めたら、目がほぐれるまでしっかり温かさが続き、あずきの重さが気持ちいいお気に入りのアイテムです。
 
値段も700円代というコストパフォーマンスの良さが魅力です。
 

なお

冬に役立つカイロなども販売している「桐灰化学」の商品なので品質もばっちりです。
 
 

3位 サプリメントボシュロム オキュバイト + ルテイン

眼精疲労なんて、サプリメントで緩和されることはないと思っていました。
 
しかし、眼科で推奨されているとamazonの口コミに書いてあったことから飲み始めました。
 

なお

眼精疲労に悩む家族や友人にも「目の奥の痛みが和らいだ」との報告をもらいました。
 
 
1日3粒でコストパフォーマンスも良く、飲みやすい大きさのサプリメントです。
 
 
「オキュバイト+ルテイン」で内側からも眼精疲労の回復に勤めています。
 

番外編

★あずきの力首肩用

眼精疲労と首・肩こりの関係は根深いもの。

首肩用の大きい「あずきの力」を電子レンジで温めて凝り固まった筋肉をほぐしています。

 

あずきの力目元用と同様に、繰り返し使える蒸気温熱ピローです。

こちらは目元用よりも更に重みがあって、じんわり広がる温かみとともに、ピローの重さで筋肉がほぐれます。

★自分で作るマッサージグッズ「テニスボールツボ押し」

2つの道具を組み合わせて作るマッサージグッズも使っています。
 
ツボ押し効果とストレッチポールのように転がっていろんな部分をほぐすことのできる便利なアイテムです!
 
怪我をした時などに使う腕用のネット包帯とテニスボール2個で簡単に作れます!
 
テニスボール2個をネットに通すだけ!
 
 
使い方は、肩の辛い部分にテニスボールが当たるように仰向けで寝て背中を動かしながら、テニスボールを転がしてほぐします。
 

なお

腰や背中全体にも使えるので、部位を問わず便利なほぐしグッズです!
 
 

 

意外に100均では売っていないテニスボール。

オンラインでも少ない個数から購入ことができ、便利でした。

 
テニスボールだけでも十分気持ちいいのですが、転がしながらほぐしていると、転がっていってしまうので、包帯ネットに入れておくと使いやすいです。
 
デトックスやダイエット効果も見込めます!
 

目の疲れは温めた方がいいのか

目の疲れは温めるのと冷やすのどちらがいいの?

そんな疑問を持っている人もいるかもしれません。

 

答えは、充血している場合以外の不調では目を温める方が効果がある言われています

目は温めることで筋肉をゆるめ血行を良くし、疲れ目や眼精疲労はもちろん、「かすみ目」にも効果が期待できます。さらに目の奥からゆったりとリラックスできるため、快眠にもつながります。目のまわりの血行が良くなることにより、目の下のクマの改善にもつながると言われています。目と脳には深い関係があるため、思考がクリアになる実感を味わうこともできそうですね。

www.d-healthcare.co.jp

まとめ

家電の「目元エステ」も手に入れたいと長いこと思っているのですが、高級すぎて手が出せずに今まで色々格安で試行錯誤してきました。

中高生は定期試験、大学生も期末レポートや試験勉強のシーズンですね。

会社でのPC作業が辛いという方にもぜひ試していただきたい眼精疲労対策を紹介しました。

 

しっかり目の疲れをとって、集中して仕事や勉強をがんばっていきましょう!

おすすめ記事

日課 英語 【英語学習を持続させる!】日課にして続けるための3つのおすすめ勉強法 集中 できない時 勉強・仕事に集中できない時はこうする!3つの方法で高める集中力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください