【インスタの可能性】5年ぶりのInstagram〜Snapmartアンバサダー体験記その1〜

インスタ アンバサダー

 
今回はInstagramに約5年ぶりに戻ってきて、写真と向き合おうかなというお話です。

写真とか撮らないし関係ないよ

という方にも、

普段の生活の中で自分の趣味で撮った写真も

評価される時代になってきたのかもしれない

ということを知ってもらえたら幸いです。

「Snapmartって何?」という方はこちらの記事がおすすめです 
 
 

インスタを辞めた理由と戻ってきた理由

インスタを辞めた理由

わたしはInstagramに、2013年頃にも6ヶ月ほどアカウント登録して、なんだかんだ色んな写真を投稿していました。

しかし、当時はFacebookはおろかInstagramは日本で全く流行っておらず、写真好きな人だけが作品を投稿しているという感じで、閉じた世界でした。

 

個人的な問題ですが、写真は好きだけど写真家を目指すほどの熱意もなく、努力もしていなかった私は写真家のプロを目指す様なユーザーさんたちにも圧倒されて、アカウントを閉じてしまいました。

 

インスタに戻ってきた理由

しかし今回、5年ぶりにInstagramに戻ってきました。

ブログ、Twitterに加え、もしよろしければこちらもフォローいただけると嬉しいです。

 

今回またInstagramに戻ってこられたのは、SnapmartとSnapmartを支える人たちのおかげです。

6月のえとみほさん(Snapmart創業者(現顧問))のツイートがとても印象的で、これからのビジネスチャンスの可能性を感じました。

えとみほさんが話されているのは、Instagramでお買い物ができる機能「ShopNow」について、この記事のことですね。

インスタのこれからの可能性

Amazonや楽天をはじめとするEコマースは人気ですが、掲載されている商品の写真は、商業写真すぎて用途の可能性やわくわくは広がりませんよね。

 

なので、Instagramの写真を見ながら買い物できるのは、消費者としても楽しそうだし、ビジネスとしても新たな可能性が開け流と思いました。

frigater.com

 

インスタの商品写真をうまく撮れるようになりたい人へおすすめなのがこの1冊!

 

えとみほさんのツイートを見てInstagramの可能性を知ってから、すぐ後にSnapmartのアンバサダープロジェクトでアンバサダーに選んでいただきました。

Snapmart アンバサダープロジェクト

 参加したアンバサダープロジェクトはこちら ↓

info.snapmart.jp

プロジェクトでは
「いいちこ」のベストセラー・いいちこいいちこ空山独酌(麦)いただきました。
 
撮影した「いいちこ」と「いいちこ空山独酌」のお気に入りの写真を紹介します!

王道の「俯瞰ショット」

「いいちこ」と晩御飯を楽しむ様子を日常の中で撮影しました。
 

ちょっと商用を意識したショット

「いいちこ空山独酌」を飲みながらのんびり過ごす金曜日の夜をイメージ。
 
ベッドの近くの棚に置いたグラスとボトルがランプの灯りに照らされて癒されるひと時を演出しました。
 

変わり種「いいちこ空山独酌のシルエット」ショット

「空山独酌」という名前からインスピレーションを受けて、山に登って星空を眺めながら飲む様子を表現したくなりました。
 
しかし、都会暮らしなため星は見えず、家庭用プラネタリウム「ホームスター 」を使って、遊び心あふれる1枚を撮影しました。
 
 

感想

他のアンバサダーさんは、様々な場面でブツ撮りをされていて撮影対象は同じ麦焼酎の「いいちこ」でも写真では撮影者によって表現が異なりました。
 
写真の勉強も含め、アンバサダーとしての活動をとても楽しませていただきました。
 

現在は、企業から撮影指名の入るSnapmartのユーザーさんもいらっしゃるとのことで、Instagram・Snapmart共に気持ちを新たに写真活動を頑張りたいと思います!

おすすめ記事

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください