高額な教材がなくてもできる!メディアアートで楽しむプログラミング〜Processing〜

今年3月には、

中高生向けのプログラミングスクール「Life is Tech!」が

ディズニーと契約を結び、

プログラミング学習教材を提供することが話題になりました。

www.watch.impress.co.jp

その名も 「テクノロジア魔法学校」


レッスン紹介|ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」

Youtube動画で見るととても魅力的ですが、

お値段が一括128000(税別)もしくは月々1600円とお高め。

プログラミングスクールにはよくある金額ですが、

学習内容は「HTML, CSS, Processing」というプログラミング言語で、

プログラミングを学んだことがある者にとっては少し割高かなという印象です。

本ブログでは、「AIに負けないわたしになる」というタイトルにあるように

多くの人にプログラミングやITに触れ、AIについても自分で情報を取りにいくこと

オススメします。プログラミングは未だ敷居の高いもので、更に継続が難しいものであるため、このようなディズニー教材が制作されたのでしょう。

「これなら続けられそう!やってみたい!」と思われた方も多いはず!

しかしながら、プログラミング学習にこのような多大なお金をかけられない人も

多いのが現実です。プログラミング教室も普及してきたとはいえ、まだまだ高額です。

そこで、今回は高額なプログラミング教材を購入しなくてもプログラミングを

手軽に始める方法を紹介したいと思います。

それには、

ディズニーの教材でも学べる学習内容として紹介されていたProcessingという

プログラミング言語が最適です。

1. プログラミング言語「Processing」とは?

 

特に一般的にはあまり知られていませんが、

メディアアート制作にも使用されるProcessingという言語は

初心者に非常に敷居の低い言語です。

なにより、開発環境を整えるのが非常に楽で、コードを書いてすぐに

目に見える成果物が現れるので、モチベーションが保ちやすいです。

例えば、円を書くのはこれだけ。

//3cmx3cmの画面に中心を座標(150,150)として半径1.2cmの円

size(300,300);

ellipse(150,150,100,100);
 

 

文字もこんな風に簡単に書くことができます。

size(300,300);fill(0);//文字色は黒

text("How have you been?", 20, 80); //座標(20,80)から描画する

text("I'm doing well, thanks!", 150, 150); //座標(150,150)から描画する
 

 

必要な指示だけで、色々なものを描画したり動かすことができるので、文系理系を問わず、楽しくプログラミングを始められるのがProcessingです!

2. オススメのProcessingの始め方は?

始め方としては、現状では教材や教室なども少ないプログラミング言語なので、

優良な参考書を使って基礎を学ぶことをオススメします!

特に、入門としては『Processingをはじめよう 2版』が1番のオススメです。

わかりやすく初歩から教えてくれるので、

本当に挫折しない1冊です!中高生も問題なく読めると思います。

そして、この本を読む前にProcessingについてもっと知るには、

以下のQuiita記事もわかりやすくて、オススメです。

3. Processingで5分で作ってみた作品

メッセージは読み取れるでしょうか!?

現代アーティストのブルース・ナウマン「100生きて死ね」から
インスピレーションを受けて作ってみました。
 
ちなみにこの作品は国内では、直島(香川県)のベネッセハウスアートミュージアムに保有されているそうです。
 
 
http://thefoxisblack.com/2011/02/25/bruce-nauman-one-hundred-live-and-die/
 
こんなメディアアートを手軽に作れて、
プログラミングを楽しく学べるProcessingが広まりますように!

〜おすすめ記事〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください