Rome was not built in a day.

 はてなブログを始めてから、トップページの注目記事にはいつも新しい発見をさせられることが多い。特に最近では、勝間和代さんもはてなブログで書いておられることに驚いた。勝間さんが香山リカさんと対談した書籍・『勝間さん、努力で幸せになれますか』を中学生になるかならないかぐらいの時期に、家にあったので読んだ思い出が蘇ってきた。

katsumakazuyo.hatenablog.com

 

 当時はかなり強烈な印象を受けたが、あれから8年くらい意識を持って生きてみて、「確かに努力とかがんばるとか意志の力は弱いものだな」と今日のブログ記事で考えさせられた。「プログラミングは学習環境が全てだ〜」記事にも書いたように。

プログラミングは学習環境が全てだと感じたTechAcademyのJavaコース

「ローマは一日にして成らず」だからこそ、続けるための環境をつくる

 

 英語、アート、プログラミング、ブログ、資産運用、その他諸々

 

 身に付けたいスキルや技術はあっても1日で達成できることには限りがあるし、その程度のレベルなら身に付けても、多分代替可能な人間になってしまうと思う。

周りのレベルや他人と比較して一喜一憂する前に、自分のできることを毎日継続することでちゃんと積み重なっていく。だから「継続できる環境をつくること」は思っていたよりもかなり大切だ。継続できる環境で毎日を過ごすことで目標に近づき、それぞれの「幸せ」が手に入るのかもしれない。

 この気づきは、飽き性だが無駄なところで努力体質なわたしにとって、結構重要だったので、文体がいつもとは異なるが備忘録として記しておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください