【すぐ始められる3つの対策も紹介】実際どうなの?大学の成績・GPAは就活に関係するのか

いよいよ20卒の就職活動も始まってきて、気になってきた人もいるのではないでしょうか。

色々な悩みや不安がある就職活動ですが、その中でもこの記事では

大学の成績は就活に関係するのか

19卒の人に聞いた体験談も合わせて紹介します。この記事を書いているわたし(なお@AIに負けない大学生ブロガー)も就活生なので、しっかり調べた内容になっています。

・就活に成績が影響するのか。

・もし成績が悪い場合は何をすればいいのか。

この記事を読めばわかるようになります。

21卒や22卒の人も、これから就活をする時までに準備できることを紹介しているので最後まで読めば、充実した大学生活を送れるようになるでしょう。

1. 就活に大学の成績は関係するのか

最初に気になる結論から。

就活に大学の成績は関係する場合もあり、近年選考の時に見る企業も増えている

というのが一般的なメディアの意見です。

大学成績センターという成績と履修科目のデータベースを使って、就活生に成績を入力させる企業もあるようです。日本経済新聞の調べによると、2019年卒の募集では約350社がこの大学成績センターを使い、18年卒に比べて1.5倍に増えたとされています。(出典:就活生が後悔する? 「成績重視」の逆回転 )

(出典:https://toyokeizai.net/articles/-/23473?page=4

一方で、実際に就活した先輩から聞いた話では、「大学の成績」が就活で見られたという話は1度も聞きませんでした。ただし、商社や保険など成績を3年くらい前から選考に使っている業界もあるので、成績を見る業界も志望する可能性があるなら、成績は平均より上である方が安全でしょう。

2. 就活で見られる大学の成績と計算方法

大学入ってから成績表見たことない

テストやレポートの点数が悪くても、単位を落としてなければ、教授に呼び出されるわけではありません。保護者面談などもないので、高校までとはちがって大学では成績表を見たことない人もいますよね。

就活に向けて大学の成績と計算方法を紹介します。

よく用いられる成績の指標にGPA(Grade Point Average)というものがあります。各科目の成績に決められた数をかけ、それらの和を取得した全単位数で割って算出される値です。

    • 秀/A(90-100点):4ポイント
    • 優/B(80-89点):3ポイント
    • 良/C(70-79点):2ポイント
    • 可/D(60-69点):1ポイント
    • 不可/E(59以下):0ポイント

GPA =(秀の数×4+優の数×3+良の数×2+可の数×1)/ 総単位数

先ほど紹介した「大学成績センター」への登録を企業から求められた場合、学生は学校の成績発表画面から履修した科目と成績をコピーして入力画面に貼り付ければ完了ですが、必要に応じて大学成績センター側でこのGPA換算が行われます。

大学成績センターのGPA換算では、不可/Eの不合格だった場合のものは入れず計算されますが、企業側でGPAを出す場合などは、どのように計算されるかはわかりません。

3. ヤバい成績でも就活で勝てる!3つの対策

就活で成績を聞かれたらヤバい

そんなあなたも大丈夫です。この章では就活で挽回するために、本選考までにできる3つのことを紹介します。全てわたしも実証済みです。周りの大学生も成績以上に今から紹介する3つのことをやっている学生は就活でもいい結果を残せています。

意外に成績が良かったあなたも、社会人になる前にこの章で紹介することをやっておくと、就活でさらに有利になるでしょう!

成績が悪くても就活で挽回するためにやっておきたい3つのこと

  1. 英語を学ぶ姿勢とTOEIC
  2. ITへの興味とプログラミング
  3. お金の勉強とプチ起業

20卒で時間がないあなたは、「3つのうちどれをやるべきなのか」ここからの説明をチェックしましょう。

1. 英語を学ぶ姿勢とTOEIC

英語の勉強したけど続かなかった

話せるようになりたいけど全然上達しない

わたしもよく大学の友達から相談を受けます。時々、社会人の先輩からも相談されます。英語の悩みは社会人になっても付きまとうので、就活では英語力が高い人はとても有利です。

英語のモチベーションが続かない人はこの記事がおすすめ

【TOEIC900点の講師直伝】テスト対策にも役立つ英語の勉強をやる気を出す3つの方法

今はオンライン英会話やTOEIC対策の本など、学ぶ方法はいくらでもありますが、モチベーションが続かないんですよね。TOEIC600点以下もしくは受けたことがないという人は、「英語を学ぶ姿勢はある」ということを就活でも示せるようにTOEICの勉強をすることをおすすめします。

2. ITへの興味とプログラミング

「人工知能によって人間の仕事がなくなる!?」

そんな話をテレビや本でよく目にするようになったと感じている人もいるのではないでしょうか。

文系だしIT系の仕事に就きたいとは思ってない

そんな人は、まずITについて調べるといいでしょう。ITは理系の人のものではなく、あなたが今スマホやパソコンを見てこの記事を読んでいるように、わたしたちの生活と密接に関わっています。面接でもITに関する話題をふられても、対応できる準備にもなります。

わたし(なお@AIに負けない大学生ブロガー)は、このブログを「もっと多くの人にITや人工知能を楽しく知ってほしい」というモチベーションで書いているので、アートや教育などぜひ自分の興味のある切り口から知ってもらえたらうれしいです。

アート:【ロゴデザインも人工知能が作る時代】AIと人間が作ったロゴのどちらが評価が高いのか!?

教育:ベストセラー『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』の著者から学ぶ、人工知能と人間

ITとかプログラミングに興味があるけど

むずかしそうで不安

という人は、不安を取り除けるくらいしっかり質問できる環境でプログラミングを始めることをおすすめします。

「挑戦したい」という気持ちがあるなら、プログラミングは始めても絶対に損しないスキルです。

実際に今まで高級で安定している職業と考えられてきた「薬剤師」なども、Amazonが雇い始めるようになっています。ITやプログラミングを少しでも理解しているか、いないかが今後の分かれ道になる可能性も大きいです。

IT系に興味があったり、テクノロジをつかって何かしてみたい人は、大学で理工系の勉強をしていなくても「ITへの興味」があるというアピールにもなるプログラミングをやっておくといいでしょう。

おすすめのプログラミング講座を見てみる

3. お金の勉強とプチ起業

就活生は企業に入ってお金をもらう立場になりますが、不景気になればリストラされてしまったり、老後の年金もあてにならない世の中なので、自分で積極的に「お金」について学ぶことをおすすめします。

お金の話とかむずかしそう、つまらなそう

というイメージもあるかもしれませんし、わたし(なお@AIに負けない大学生ブロガー)もずっとそう思っていました。でも、去年のあるきっかけでお金の勉強を始めて、お金に対する不安や苦手意識が小さくなり、収入も増えました。社会人になる前に、これから一生関わっていかないといけない「お金」について学ぶことは、大学の成績よりも大事かもしれないと感じました。

詳しくは去年のクリスマスイブに、ぼっちが辛かったので試みた体験記をどうぞ(笑)

【絶対役に立つ体験記】ぼっちのクリスマスイブを大学生がお金の勉強して過ごした話

この「お金」について学んだ経験から、プチ起業もしました。ブログを開設して発信することは、1人でできる起業です。就活の時にも、雇われるだけの視点から、企業を経営する側の視点も学べるのが良かったです。

先日もツイッターでつぶやきましたが、起業を学んでおいて、損はないですね。そもそも、企業も誰かが起業してできたものなのですから。

就職するとまとまった時間が学生のように取れなくなるので、副収入が欲しい、将来的に起業にも興味がある人はお金の勉強とプチ企業(ブログなど)をしておくことをおすすめします。

おすすめのブログ開設講座を見てみる

4. まとめ

20卒のあなたは、今回紹介した3つのことの内1つでもいいので、Webテスト対策と並行して本選考が始まる2019年4月までやるといいでしょう。Webテスト対策の体験記はこちら

20卒就活前線】現役就活生おすすめ!周りと差別化できる就活グッズで内定ゲット2018

20卒以降のあなたは、成績を改善することを考えた上で、まず1番自分が興味がある1つを始めてみると、周りの大学生よりも、一歩抜きん出たスキルを身につけられます!

大学の成績も就活で確かに見られる場合がありますが、応募者によって受けている授業もちがうので、完全に比較することはできず、成績だけで合否が決まるわけではありません。

そして、成績にこだわりすぎるのは、せっかく自由な時間がある大学生活がもったいないです。「英語・プログラミング・プチ起業」は、就活でも評価されますし、もっと長いこれからの人生で役に立つスキルになります。就活のためにも、そしてこれからの人生のためにも、行動するのは今です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください