留学のときにクレジットカードは必須!どれを選べばいいの?留学経験のある大学生が紹介

留学 クレジットカード

留学でおすすめのクレジットカードは?

現地でのお金の管理ってどうすればいい?

留学への期待と共に、海外での暮らしをするとなると、そんな不安もありますよね。

海外留学では、クレジットカードは絶対に必要なものの1つです。

 

この記事では、現役大学生が留学経験のある友人に話を聞いて、

  • なぜ留学にクレジットカードが必要なのか
  • 他に海外でお金の支払いをする方法はあるのか
  • 留学におすすめのクレジットカード

をまとめました。

色んな選択肢を知って、自分に合う留学生活でのお金の管理方法を見つけてもらえたらうれしいです。

 

1. 留学でクレジットカードが必要な3つの理由

  1. 留学準備で日本にいる時からクレジットカードが必要になる
  2. 現金よりもカード払いが一般的な国も多い
  3. 海外旅行保険や留学で役立つサービスが付いている

1-1. 留学準備で日本にいる時からクレジットカードが必要になる

「今まではクレジットカードが必要な時は、家族のカードを借りていた」という人もいるかもしれませんが。留学準備では自分の名義のクレジットカードがないと、面倒なことになったり、手続きができない可能性があります。

 

  • 英検やTOEFL、IELTSなど試験の受験料の支払い
  • ビザの申請料金の支払い 

 

など、トラブルの可能性を減らして、時間に余裕を持って留学準備をできるように、自分の名義のクレジットカードは早めに用意しておくのが安心です。

1-2. 現金よりもカード払いが一般的な国も多い

親世代だと、留学でも現金やトラベラーズチェック(現在は発行されていないが、海外旅行社向けの小切手)を持って行ったという人が多いですが、今留学に行く人は必ずクレジットカードを持って行かないと、現地では作ることはむずかしいので注意しましょう。

 

海外は日本よりも治安の悪い国や地域がほとんどなので、現金を持ち歩いていると盗難や犯罪の対象になりやすいです。

盗まれた場合、ほぼ戻ってこないと思って良いでしょう。

 

クレジットカードの場合、盗まれてもすぐに利用停止の連絡をカード会社にすればすぐ使えなくなるので、トラブルに合う可能性を小さくでき、更に被害額も抑えられるので安心です。

 

1-3. 海外旅行保険や留学で役立つサービスが付いている

長期留学だとクレジットカードの付帯保険以外にも、「もっと手厚い保険に入るように」と言われることもありますが、短期留学や留学先から旅行に出かける時には十分役立つ保険です。

 

また、クレジットカードによっては持っているだけで、海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービスや、空港でのサービスが充実しているなど、留学や海外旅行でうれしいサービスを受けられます。

安心してスムーズに留学するために、クレジットカードは持っておきましょう。

 

2. クレジットカード以外にもある海外でお金の管理に役立つカード

留学 お金

日本国内でも使っている人がいると思いますが、留学で現地でお金を払う時に使えるカードには大きく分けて3つの種類があります。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード

クレジットカードは先ほど説明したように留学の必需品ですが、デビットカードやプリペイドカードは、それぞれのメリットデメリットを知った上で、必要があれば準備しておくといいでしょう。

2-1. デビットカードはカード利用時に口座からお金が引き落とされる

カード利用と同時に支払い口座から利用金額が引き落としされるのが、デビットカードです。

クレジットカードとはちがい、15歳以上なら作ることができる場合が多いので、中高生の留学でも持っていけるのがメリットです。

 

空港や銀行のレートよりも良いレートで、現地で現金を引き出せるのも魅力。

 

2-2. プリペイドカードはあらかじめカードお金を入金しておく

事前にカードに現金をチャージしておいて、その範囲内でクレジットカードと同じように使えるのがプリペイドカードです。

デビットカードと同様に、年齢制限や審査が厳しくないので作りやすく、銀行口座ともひもづかないのでセキュリティ面でも1番安全です。

 

ただし、プリペイドカードは現金をチャージするので、カード内にお金が残った時に、「どんな方法で戻るのか」カード毎のサービスに注意しておく必要があります。

海外で使えるプリペイドカードとして評判が良く、留学・ビジネス・旅行の3部門で「使えるカード」として1位に輝いたマネパカードがおすすめ。

3. 留学でおすすめのクレジットカードランキングベスト4

留学 クレジット カード 学生

クレジットカードは色々ありすぎて

結局留学にどれを持って行ったらいいの?

となりがちですよね。

 

そこで、「年会費無料で留学でもお得に使えるクレジットカード」を4枚集めてみました。

自分のニーズに合う1枚がきっと見つかるでしょう!

 

1. セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー

留学の時に1番おすすめのクレジットカードは、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

学生限定ではなく年齢制限付きなので、他の学生向けカードよりも充実した優遇を受けられて、特に海外利用向けのサービスが充実しています。

  • 付帯保険額が高め
  • 海外利用で永久不滅ポイント6倍
  • 手荷物無料宅配サービス

など、留学に行く時にはうれしい内容になっています。

 

国際ブランド アメリカンエキスプレス
年会費 26歳になるまで無料(キャンペーン中
ポイント還元率 0.5%(海外利用で2倍)
付帯保険(旅行) 最高3,000万円(海外・国内)

セゾンブルーカードを見てみる

 

2. リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードは、年会費無料なのにポイント還元率が高いクレジットカードとして評判がよく、持っていて損しない1枚です。

ポイントをPontaに交換できたり、ホットペッパービューティやホットペッパーグルメなど日本での日常生活でも使いやすく、付帯保険額もクレジットカードの中では一般的な充実内容です。

 

国際ブランド VISA、 JCB
年会費 ずっと無料
ポイント還元率 1.2%(使用店舗関係なし)
付帯保険(旅行) 最高2,000万円(海外)、最高1,000万円(国内)

リクルートカードを見てみる

3. ANAカード<学生用>

ana jcb カード 学生

18歳以上の日本国内の大学、短大、専門学校、工業高専の4・5年生、大学院生が入会できる、学生専用のANAカードです。

留学や旅行で飛行機を使う時にもお得にマイルを貯められて、学生向けの特典が充実しています。

 

ANAのスマートU25(当日空席があれば半額以下の安さで航空券が購入できるサービス)では通常マイル50%のところ、カードを持っていると100%マイルが貯まり、国内でもフライトの付帯保険が付いているので、帰省時に飛行機を使う人にもおすすめ。

 

国際ブランド VISA、JCB、 MasterCard
年会費 在学期間中無料
ポイント還元率 1.0%
付帯保険(旅行) 最高1,000万円(海外旅行・国内航空)

 

4. 楽天カード

楽天カード

楽天会員なら持っておいて損しない楽天カード

留学で必要なものも近くの店舗になかったら、楽天市場で探して、ポイント還元でお得に留学準備ができます。

 

楽天トラベルやラクマなど、楽天の他のサービスでも貯まる楽天ポイントが使いやすいので、留学時だけでなく日本でも役立つ1枚です。

 

国際ブランド VISA、 JCB、MasterCard、アメリカンエキスプレス
年会費 ずっと無料
ポイント還元率 1.0(楽天以外)~15%
付帯保険(旅行) 最高2,000万円(海外)、なし(国内)

楽天カードを見てみる

4. 留学はもちろん海外に行く大学生・大学院生は早めにカードを作っておいて損はない

大学生 海外旅行

大学生・大学院生の場合、学生用のクレジットカードをつくっておいて、留学に持っていくのがおすすめです。

社会人留学の場合、すでに日本で使っているクレジットカードの海外保険の内容を確認した上で、VISAやマスターなどクレジットカード会社が1つだけにならないよう、複数枚用意しておくといいでしょう。

 

おすすめ記事

大学生 留学 奨学金 【奨学金情報もあり】大学生向け海外留学・国際交流情報おすすめサイト7つ 大学生 海外旅行 大学生は海外旅行だけで満足してていいの?旅武者海外インターンの評判をまとめてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください