【教育費用は見直すべき】家庭教師の個人契約は高すぎる!勉強にかかるお金を見直す方法

教育 費用

この記事にたどり着いたあなたは

教育費に不安がある

子供の勉強にかかる費用について悩んでいる

そんな思いを抱いていませんか。

 

この記事では、集団・個別塾とオンライン家庭教師で3年間アルバイトとして講師を経験したわたしが、塾や家庭教師にかかる教育費用について説明します。

 

入学金や学費だけでない、必要な教育費について知り、早めに準備しておけば、子供も安心して勉強することができます。

 

最後まで読んで、どんな選択をすればいいのか知っておきましょう。

1. 貯金しても教育費が足りない現状

子供がどのような進路を選ぶかによって差はありますが、学費や課外活動なども含めて教育費はかなりかかります。

この表は、幼稚園から大学までの学習にかかる費用をまとめたものです。

(出典:https://financial-field.com/living/2017/06/09/entry-2864)

公立と私立のちがいはあっても、お金が必要な教育費。

学費以外でも、しっかり考えて計画的に使っていかないと、貯金が足りないということが起こってしまいます。

2. まず見直すべきなのは塾や家庭教師の費用

受験に合格するためには、塾に通ったり、家庭教師をつけるという家庭も多いかもしれません。

志望校合格や子供の将来の目標のために、しっかりかけてあげたいという保護者の方の気持ちもあると思います。

しかし、受験までずっとかかる費用なので家計を悩ませる出費でもあります。

 

だからこそ、早めに「塾や家庭教師にかかる費用」を見直す必要があります。

特に家庭教師を個人契約でお願いした場合、先生の交通費やお菓子・ご飯を出す家庭もあり、大学生の先生でも2万円(1月4回1時間)が相場です。

 

教育費は無理に減らすべきではないですが、塾や家庭教師選びの時に、様々な候補を見て選ぶことで、正しくおさえることができます。

3. オンライン家庭教師という選択肢

塾や家庭教師を選ぶときには

費用はおさえたいけど

いい先生に指導してもらいたい

 

そんな思いをかなえてくれるのが、オンライン家庭教師を使って勉強するという方法です。

 

その中でも特に、指導料金が安いのに小学4年生から大学浪人生まで、指導してくれるオンライン家庭教師「家庭ネット」がおすすめです。

オンライン家庭教師「家庭ネット」

30年以上の経験と実績を持つ企業が運営しており、指導も信頼できます。

九州大学や京都大学に在学している先生の他、有名大学を卒業後にプロの家庭教師となった学習アドバイザーが勉強をサポートしてくれます。

 

そんな手厚い指導があるのに、料金の安さが魅力です。

こちらが家庭ネットの価格一覧です。

この料金で指導を受けられるのは、オンライン家庭教師の中でも「家庭ネット」だけです。

費用を見直した上で、家庭教師を利用して国公立の学校に進学することができたら、その後の学費の負担も軽くなるので価値のある選択です。

「家庭ネット」を見てみる

4. 子供に合っていないと教育費も意味がない

「オンライン家庭教師は料金が安くて、質もいい」

といっても、子供に合うカリキュラムや先生は1人1人ちがいます。

 

子供に合っていないと、子供の将来のためを思って払う教育費も無駄になってしまいます。

 

だからこそ、目指したい学校のレベルや成績を上げたい目的に応じて、色んなオンライン家庭教師の体験授業を受けることをおすすめします。

 

実際にオンライン家庭教師をよく知っているわたしが選んだスクールを紹介した記事です。

全てのスクールで無料の体験授業が開催されているので、ご自宅から気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

【子供に合った先生に出会える】おすすめオンライン家庭教師ランキングベスト3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください