【小学校プログラミング必修化】保護者も子供向けプログラミングを学ぶ3つのメリット

プログラミング 必修化

ニュースで東京オリンピックの話題もますます増える中、2020年の小学校プログラミング必修化へも着実に近づいています。

 

しかし、プログラミングを小学校で習ったこととがないわたしたちは

一体どんな教育で、どんなむずかしさがあるのか

想像するのがむずかしいですよね。

 

そこで今回の記事では、現在大学でプログラミングを学んでいるわたし(なお@AIに負けない大学生ブロガー)が、そのプログラミング教育となぜ保護者の方もプログラミングを学ぶとメリットがあるのか紹介します。

 

オンライン家庭教師のアルバイトでは、小学生の保護者の方とも関わる機会が多く、

2020年のプログラミング教育について不安がある

という声もよく聞きます。

 

この記事を読んで「プログラミング教育と保護者の方ができること」を知り、不安を解消しましょう!

1. 小学校プログラミング必修化の中身

重要なポイント

重要なのは、学校におけるプログラミング教育の普及・推進をする文部科学省の方も指摘しているように、

「プログラミング」という新しい教科ができるというのはまちがい!

さまざまな教科で「プログラミング」が取り入れられる

(出典:「プログラミング教育」必修化の3大勘違い! 誰もが思い込みがちな間違いとは?)

というポイントです。

 

必修化されたからといって、新しく『プログラミング』という教科が作られるわけではありません。

そのため、どの授業とも連携する可能性があります。

 

つまり、プログラミングができないことで他の科目の足を引っ張ってしまう可能性があるということです。

体験談

この問題に対して、小学5年生の頃、パソコンを使って「都道府県についての調べ物をしてポスターにまとめる」という宿題が出たときのエピソードを紹介します。

 

その宿題を学校でやっている時に、普段はとても優秀な同級生が
「パソコンを使って調べたらいいのかわからず、いつもの力が発揮できない様子」
を目の当たりにしました。
 
 
同級生は、都道府県の県庁所在地はスラスラと言えるのに
 
・パソコンを使って「北海道の面積」や「新潟県の県鳥」をどうやって調べたらいいのか
・どのサイトの情報が正しいのか
 
という知識や経験が不足していたのです。
 
「やりたいこと」は明確なのに、パソコンやプログラミングなどのツールがうまく使えないのは、とてももどかしいことです。
 
 
注意しておきたいこと
成績にも影響を及ぼしかねないプログラミング、さらに「情報科目」が入試で必要となると、早めの対策は欠かせません。
 
今後は中学・高校でも「情報」科目の必修化が今後予定されているため、プログラミングは学校生活の長期にわたって大切なスキルになってきます。
 

2. 保護者もプログラミングを学ぶメリット3つ

  1. 子供のプログラミング教育をサポートするための力がつく
  2. 高時給の在宅ワークやパートの選択肢が増える
  3. ニュースの理解やビジネスでも活かせるスキルになる

1. 子供のプログラミング教育をサポートするための力がつく

小学校プログラミング必修化は保護者だけでなく、プログラミングを知らない世代にとって未知の世界です。

教育関係の方や先生も手探りで2020年までに準備が完全にできない可能性が高いです。

 

しかし、小学校のプログラミング教育では、プログラムを書いているときに起きるエラーへの対処や、パソコンやタブレットのアップデートなど生徒1人1人に合わせたきめ細やかな指導が必要です。

プログラミング 小学校

これは、大学の授業でも同じ状況でした。

大学の最初のプログラミングの授業は、先生1人に対して生徒は30名程度、授業補助の3、4年生の先輩が3人付いてくれていました。

 

このようなサポートは、小学校では実現がむずかしいので、自宅でのご家族のサポートが重要になってきます。

 

英語が小学校に導入された時も

どうにかなったから大丈夫!

そんな風に考える方もいらっしゃるかもしれませんが、なぜ英語教育とは状況が異なるのか、詳しく以下の記事にまとめてあります。

 

小学校 プログラミング 英語 【英語教育とプログラミング】2020年小学校での必修化に向けて今からできる2つのこと

 

また、子供がプログラミングスクールに通うときにも、保護者の方がプログラミングの基礎を知っていると、カリキュラムや先生の質を判断できるので安心です。

2. 高時給の在宅ワークやパートの選択肢が増える

プログラミング教室はこれからさらにニーズが高まります。
それに伴って求人が増えた時にスキルがあると、パートやアルバイトなどの仕事がみつけやすくなります。
 
 
英会話教室のように、自宅で子供向けのプログラミングスクールを開くことも可能で、将来性が高いです。

エンジニア不足が続く中で、プログラミングを学び、Web開発などができるようになると在宅勤務も可能になります。
 
フリーランスなど自由で柔軟な働き方を選べるスキルが身につけられます。
 
 
ライティングや翻訳などもある在宅ワークの中で、最も時給がいいのが「在宅プログラマー」です。
 
在宅・アルバイトも含め、プログラミングができると、時給1,500~2,500円が相場で、初心者から上級者まで色んな仕事があります。

3. ニュースの理解やビジネスでも活かせるスキルになる

ITの関わらないビジネスはほとんどなくなる世の中で、プログラミングスキルはITに関することを理解するためにとても重要です。

・「人工知能」

・「キャッシュレス」

・「仮想通貨」

など、ニュースで耳にするITに関わる単語の多くがプログラミングと関連しています。

 

今、あなたが使っているスマホやパソコンもプログラミング技術によって支えられているのです。

ITを導入していない企業で働いている場合でも、プログラミングの基本を知っていることで、今後の世の中の流れを読みやすくなるのはまちがいありません。

3. そうは言っても、プログラミングってむずかしいんじゃないの?

プログラミングを学ぶことは

子供の勉強にも役に立つし、他にもメリットがあることはわかったけど、

プログラミングはむずかしそう

自分にもできるのかな?

そんな不安を感じる人も多いかもしれません。

 

確かにむずかしいプログラミングの学び方もありますが、

「子供向けプログラミング言語」でプログラミングを学ぶ

という方法であれば、大人もプログラミングの基礎も身につけながら、子供に教えるための知識を学ぶことができます。

 

「子供向けプログラミング言語」でプログラミングに触れたら、自分の子供以外にも教えることができます。

さらに、在宅ワークでWebページなどをつくる仕事で必要なプログラミングへステップアップすることも可能です。

 

子供のために始めるだけでなく、大人にとっても、子供向けプログラミング言語からプログラミングを始めることはとても学びやすい方法です。

4. 子供向けプログラミング言語とは

子供向けプログラミング言語は、視覚的な操作でプログラミングが可能なビジュアルプログラミング言語と呼ばれるものが一般的です。
 
その中でも、Scratch(スクラッチ)というプログラミング言語が人気で、普及しています。
 
 
小学校の授業でも、多くの学校でScratch(スクラッチ)が使われることが予定されています。(参照:全国の小学校約1,600校にて、ICTサポータによるプログラミング教育支援を2019年4月より開始
 
 
Scratch(スクラッチ)とはMIT(マサチューセッツ工科大学)で開発された、7歳以上を対象に設計された「ビジュアル・プログラミング言語」です。
 
子供向けのプログラミングツールとしては最も人気で、使いやすいのが特徴です。

実際にスクラッチで作品を作ってみた

わたしも、20分ぐらいでプログラミング言語・スクラッチを使って「サッカーゲーム」を作ってみました!

こんな感じの画面でプログラミングを作っていきます。カラフルなブロックを組み合わせてプログラミングをしていくので、わかりやすいです。

プログラミング スクラッチ
 
 
作ったゲームは、30秒間でサッカーボールがランダムな位置に表示されて、それをクリックするとスコアが増えていく仕組みです。
 
時間内には、時々バスケットボールも表示されるのですが、そちらをクリックすると減点されるようにしてみました。
 
https://www.youtube.com/watch?v=F59-fxSwZjs
 
実際にスクラッチでゲームを作成する中で
もしサッカーボールがクリックされたら
スコアを「+1」する
 
カウントダウンが「0」になるまで
ボールを表示し続ける
といった制御を書いたのですが、これはまさにプログラミングの
if文(もし〜されたら・・・する)
while文(〜になるまで・・・する
という制御そのものでした。
 

なお

子供用プログラミング言語はわかりやすく、しっかり「プログラミング・スキル」の基礎を習得できました!
 

おすすめのプログラミング講座

オンラインのプログラミングスクール・TechAcademyの大人向けScratchコースです。
 
このプログラミングスクールは、わたしも初心者の時に、Javaというプログラミング言語を学ぶために利用しました。
 
 
その時の体験を通して、TechAcademyなら自信をもっておすすめできます。

 

講師の質も高くて丁寧で、受講期間が終わってもわかりやすい教材はずっと見れます。

 
お値段は
 
4週間で129,000
8週間で179,000
 
ですが、しっかり学べば元がとれる金額です。
 
4週間と8週間コースでそれぞれメンターの方とのメンタリングが7回と15回、そして受講期間中は、エラーが起きた時や質問したい時に活用できるチャットサポートが24時間つきます。
 
このサポートのおかげで、オンラインでも最後までコースを終えてスキルを身に着けることができました。
 
やっぱり高額なんだな
そう感じた人も多いかもしれませんが、それだけ専門性の高く、ニーズが高いスキルが「プログラミング」なのです。
 
実際に申し込む前に
  • Amazonギフト券500円がもらえる無料相談30分
  • 1週間の無料体験講座
を受けて不安を取り除くのがおすすめです。
 
わたしもJavaコースを受講前に、無料相談を受けて受講を決めました。
 
実際にエンジニアとして働いているメンターさんがしっかり相談に乗ってくださる上、初めての無料相談30分でAmazonギフト券500円をもらえたので、お得でした!
 

「大人向けScratchコース」を見てみる

5. まとめ

子供の教育のために、保護者もプログラミングを学んだ方がいいことがわかったし、子供向けプログラミング言語なら目で見てわかりやすそう!

でも、今すぐ始めたほうがいいのかな。

プログラミング教室の費用も安くはないし…

そう感じた人も多いかもしれません。

 

しかし、プログラミングを保護者のあなたが身に着けることで、小学校のプログラミング教育の不安を減らせるだけでなく

教育費や家計のお金の不安を減らすことにも

つながるということ

 

プログラミングは、お子さんのため、そしてご自身の未来への価値ある投資になります。

 

2020年までにプログラミングスキルを身に着けるのはです!

「大人向けScratchコース」を見てみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください